インテリクス国際特許事務所トップページ > 新着情報 > 【募集】材料系弁理士・特許技術者募集しています。

新着情報

【募集】材料系弁理士・特許技術者募集しています。

■40歳くらいまで(経験者)  35歳くらいまで(未経験者)

 

■高専又は大卒以上  企業研究開発経験者を優遇者  企業若しくは特許事務所で特許実務経験者を優遇

 

■分野:材料(理学部、工学部又はこれに相当する学部で、冶金、金属工学、無機化学、有機化学、材料物性等を勉強された方)

 

■英語が得意な方を優遇(英語が苦手な方は不可)

 

■応募: 履歴書(写真貼付)、職務経歴書などを添付して recruit@intelix.jp までメールお待ちしています。

 

■弊所は日本企業の外国出願を多数取り扱っています。外国出願を多数経験することで、短期間に高い実務スキルを習得することができます。未経験者でも懇切丁寧な指導を受けることができます。

 

■弊所はまた、中小企業の出願も多数取り扱っています。知財に詳しい担当者のいる大企業と異なり、中小企業には、発明発掘、出願戦略、侵害対応、知財管理体制の構築など、出願書類等の作成だけでなく、多岐にわたる知財コンサルティングを求められます。幅広い知識と経験をフルに活用し、クライアントと一緒に悩み、考え、そして、答えを出して前進する、そんな仕事をすることができます。

取引先各位

 

9月4日(火)は、台風21号の接近に伴い、インテリクス国際特許事務所は臨時休業させていただきます。

緊急の用件はintelix@intelix.jpまでメールをお送りください。

可能な限り対応させていただきます。

お知らせが緊急となったことお詫び申し上げます。

ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

インテリクス国際特許事務所

 

本公演は終了しました。

弊所の弁理士上羽秀敏は今年もパテントセミナーの講師をつとめます。

是非ご参加ください。

 

日本弁理士会近畿支部主催

「パテントセミナー2018」

大阪外国編

 

【テーマ】すべての日本企業に捧げる!グローバル特許出願戦略

 

【講師】弁理士 上羽 秀敏

 

【日時】2018年9月29日(土)14:00〜16:30

 

【場所】日本弁理士会近畿支部(大阪市北区梅田3-3-20 明治安田生命大阪梅田ビル25階)MAP

 

【内容】グローバル化した現在、外国特許の戦略的取得は重要ミッションです。本セミナーでは、主要国の特許制度を俯瞰し、出願の方法、出願国の選定、翻訳時の注意点、審査手続等について、費用対効果を考慮して解説します。

 

【費用】無料

 

お申し込みはこちら(日本弁理士会近畿支部のHPが開きます。)

 

 

本講演は終了しました。

弊所の弁理士村上太郎はフォーラムの講師をつとめます。

是非ご参加ください。

詳細はこちら(MOBIOのHPが開きます。)

 

【主催】日本弁理士会近畿支部、ものづくりビジネスセンター大阪(MOBIO)

 

【テーマ】ハードロックナット開発物語 ~緩まないネジの経営戦略とは~

 

【講師】弁理士 村上 太郎

 

【日時】2018年9月5日(水)14:30〜16:30

 

【場所】MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)南館3階 クリエイターズプラザ 技術交流室B

    東大阪市荒本北1-4-1 MAP

 

【内容】

「どんな振動・衝撃があっても絶対に緩まない」ことで、マスメディアなどでも注目を集める「ハードロックナット」。 この画期的な製品を開発したのが”ものづくりの町”大阪府東大阪市に本社を置くハードロック工業です。
 今では様々な業界・業種で絶大な信頼を得る同社のハードロックナットですが、その開発から普及までの道のりは決して平坦なものではありませんでした。
 今回のモビオカフェでは同社の創業者である若林克彦社長、さらにハードロック工業の特許・商標を代理されている村上太郎弁理士をお招きし、誕生秘話や独自のオンリーワン技術、さらには知的財産に関する取り組みについて、お話を伺います。

 

【費用】無料

 

お申し込みはこちら(大阪府のHPが開きます。)

 

 

 

 特許庁は、「各国における近年の判例等を踏まえたコンピュータ ソフトウエア関連発明等の特許保護の現状に関する 調査研究報告書」を公表しました。

 

  報告書本文「はじめに」より抜粋

はじめに

 

 コンピュータソフトウエア関連発明等について、米国等の諸外国においては近年判例等 を踏まえてコンピュータソフトウエア関連発明等の判断が大きく変化しているため、諸外 国における特許取得の予見性を高める必要性が生じている。

 

 また、第四次産業革命を推し進めている IoT、AI 等の新たな技術における研究開発が盛 んに行われている。日本においては、IoT や AI 等の技術の中核をなすコンピュータソフト ウエア関連発明等について、審査基準及び審査ハンドブック、特に特許・実用新案審査ハ ンドブックの附属書 B 第 1 章「コンピュータソフトウエア関連発明」(以下「CS 基準」と いう)に基づいて、特許審査が行われることになるが、現行の CS 基準等が、このような 技術の出願に対し十分に対応できているか点検を行うことが有用であると考えられる。

 

 そこで、コンピュータソフトウエア関連発明等の諸外国における特許取得の予見性を高 めるために、また、CS 基準の点検を行うために、各国における近年の判例等を踏まえた コンピュータソフトウエア関連発明等の特許保護の現状に関して、調査・分析することを 目的として本調査研究を実施した。 本報告書をまとめるにあたり、ご指導、ご協力をいただいた委員会の方々をはじめ、国 内アンケート、国内ヒアリング及び海外質問票調査にご協力いただいた国内ユーザ及び海 外現地法律事務所の方々に厚く御礼申し上げる。

 

平成 29 年 11 月

一般社団法人 日本国際知的財産保護協会 AIPPI・JAPAN

 

新年あけましておめでとうございます。

 

2002年1月1日創業後、16年目の新しい年を迎えることができました。

これもひとえに、依頼者の皆様をはじめ、周りの皆様方の支援があったからこそであり、あらためて感謝を申し上げたいと思います。

今後もインテリクスは着実に成長し、満足度の高い知的財産法務サービスを提供し続けることをお約束いたしますので、引き続きご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

2018年元旦

インテリクス国際特許事務所

所員一同

【高知県 商工労働部 産業創造課】

 

■セミナーの概要 県では昨年7月に企業や大学などで構成する「高知県IoT推進ラボ研究会」を設立し、IoT技術による地域の課題解決や、各産業の生産性向上を目指した取り組みを進めています。今回は知的財産の取得・管理・活用を実務としている弁理士を招き「IT、IoT関連特許の実例」を通じて、ITビジネスにおける知的財産戦略について講演いただきます。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

 

■主催 高知県、日本弁理士会

 

■日時 2018年2月7日(水) 13:30~15:30 受付開始13:00

 

■会場 高知県立県民文化ホール 第11多目的室

 

■講師 上羽秀敏 弁理士(インテリクス国際特許事務所代表パートナー、高知県顧問弁理士)

 

■参加費 無料

 

■定員 30名

 

■申込〆切 2018年1月26日

 

■申込方法 申し込み方法および詳細につきましては、下記のファイルをご覧ください。 セミナーご案内[PDF:750KB]

 

■問い合わせ先 高知市丸ノ内1丁目2番20号 高知県商工労働部産業創造課 企画連携担当:利岡、光内 TEL:088-823-9643  FAX:088-823-9261 E-mail:152001@ken.pref.kochi.lg.jp

 

弁理士村上太郎と弁理士小根田一郎がインテリクスに参画しました。

詳細なプロフィールは後日アップロードいたします。

インテリクスは事務所を下記に移転し、5月8日より営業再開いたします。

移転作業のため、5月1日~2日は臨時休業とさせていただきます。

所属弁護士は弊所から独立し、新事務所を開設する運びとなりまた。

これに伴い、事務所名称を下記の通り従前のものに戻させていただきます。

今後とも高品質の知財法務サービスを提供すべく所員一同より一層の研鑽を重ねる所存でございますので、引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 

新名称:
インテリクス国際特許事務所

 

新住所:
大阪市北区堂島1丁目番5号ザイマックス梅田新道ビル4階
(〒530-0003)

電話番号、ファクシミリ番号、メールアドレスに変更はありません。

特許庁、独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)が共催し、下記の通りフォーラムを開催します。詳細はこちら

 

日時:平成29年2月13日(月)10:00~17:55(受付時間9:20~)     平成29年2月14日(火)10:00~16:00(受付時間9:20~)

 

会場:東京ドームホテルB1階「天空」

 

内容(一部抜粋):詳細はこちら ◇2月13日(月)16:25~17:55 ●パネルディスカッションA3(A会場) 【テーマ】 新興フロンティア分野で「社会価値」「経済価値」を高めるビジネスと知財活用

 

モデレーター:松田 修一 氏(早稲田大学 名誉教授 商学博士)

 

パネリスト:  佐々木 賢司 氏(情報セキュリティ・マネジメント株式会社 代表取締役 兼 CEO)  庄司 秀樹 氏(東洋システム株式会社 代表取締役)  長谷川 修 氏(SOINN株式会社 代表取締役 / 東京工業大学 准教授)  森 有一 氏(メビオール株式会社 代表取締役)

 

コメンテータ:上羽 秀敏(インテリクス特許法律事務所 代表パートナー)

 

参加費:無料

 

定員:1,000名

【経産省近畿経済産業局 講演・グループワーク】 ◆テーマ ネットワーク時代の経営者リスクマネジメント・ワークショップ in 神戸 ~サイバーセキュリティ対策、知財リスク対策は重要な経営問題です!~

 

◆講師 上羽 秀敏(弁理士)

 

◆日時 平成29年1月31日(火) 14:00~17:30

 

◆場所 神戸国際会館 702号室(神戸市中央区御幸通8-1-6)

 

◆参加費 無料

 

◆対象者 中小企業の経営者、セキュリティ担当者、知的財産担当者、支援機関担当者 等

 

◆定員 30名

 

◆プログラム(14:00~17:00) 第一部 【講演】「ネットワーク時代に求められるサイバーセキュリティ対策」 【グループワーク】「サイバー攻撃を受けた際の事後対応プロセス」 【講師・コーディネータ】三木 剛 氏(株式会社神戸デジタル・ラボ セキュリティソリューション事業部 取締役・事業部長)

 

第二部 【講演】「ネットワーク時代の知的財産保護、管理」 【グループワーク】「知的財産に配慮した日頃からのリスク対策」 【講師・コーディネータ】上羽 秀敏 氏/インテリクス特許法律事務所 弁理士 http://www.dan-dan.com/itip-ws28/

 

◆申込方法 下記募集サイトからお申し込み下さい。 講演・グループワークの申込みフォーム

【経産省近畿経済産業局 講演・グループワーク】

 

◆テーマ  ネットワーク時代の経営者リスクマネジメント・ワークショップ  サイバーセキュリティ対策、知財リスク対策は重要な経営問題です!

 

◆講師  上羽 秀敏(弁理士)

 

◆日時  平成28年12月7日(水) 14:00~17:30

 

◆場所  国民会館 12階 武藤記念ホール 小ホール  (大阪市中央区大手前2-1-2)

 

◆参加費  無料

 

◆対象者  中小企業の経営者、セキュリティ担当者、知的財産担当者、支援機関担当者等

 

◆定員  40名

 

◆内容  ○ 第一部 サイバーセキュリティ対策    【講演】「ネットワーク時代に求められるサイバーセキュリティ対策」        ■ 講師:川口 洋氏(株式会社ラック チーフエバンジェリスト)    【グループワーク】「サイバー攻撃を受けた際の事後対応プロセス(仮)」        ■ ファシリテータ:川口 洋氏           ○ 第二部 知的財産リスクマネジネント    【講演】「ネットワーク時代の知的財産リスクを配慮したIT契約」        ■ 講師:上山 浩氏(日比谷パーク法律事務所 弁護士・弁理士)    【グループワーク】「知的財産に配慮した日頃からのリスク対策」        ■ ファシリテータ:上羽 秀敏氏(インテリクス特許法律事務所 弁理士)            http://www.dan-dan.com/itip-ws28/

 

◆申込方法 下記募集サイトからお申し込み下さい。        講演・グループワークの申込みフォーム

【経産省近畿経済産業局 講演・グループワーク】

 

◆テーマ  ネットワーク時代の経営者リスクマネジメント・ワークショップ  ~サイバーセキュリティ対策、知財リスク対策は重要な経営問題です!~

 

◆講師  上羽 秀敏(弁理士)

 

◆日時  平成28年10月14日(金)14:00~17:00

 

◆場所  京都リサーチパーク(KRP) 東地区1号館4階 中会議室B  (京都市下京区中堂寺南町134)

 

◆参加費  無料

 

◆対象者  中小企業の経営者・知財等担当者、支援機関担当者等

 

◆定員  30名

 

◆プログラム(14:00~17:00)  ○第一部   【講演】「ネットワーク時代に求められるサイバーセキュリティ対策」   【グループワーク】「サイバー攻撃を受けた際の事後対応プロセス」   【講師】大財 健治 氏 / 株式会社ケーケーシー情報システム ビジネスソリューション事業部 シニアコンサルタント

 

 ○第二部   【講演】「ネットワーク時代の知的財産保護、管理」   【グループワーク】「知的財産に配慮した日頃からのリスク対策」   【講師】上羽 秀敏 氏 / インテリクス特許法律事務所 弁理士

 

 http://www.kansai.meti.go.jp/2-7it/events/cybersecurity_ws.html  講演・グループワークの申込みフォーム

【日本弁理士会 パテントセミナー2016 / 神戸パテントセミナー】

 

◆テーマ  特許を確実に取得するためのコツ

 

◆講師  上羽 秀敏(弁理士)

 

◆日時  平成28年12月10日(土)10:00~12:30

 

◆場所  神戸市産業振興センター(MAPはこちら)   神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号 (神戸ハーバーランド内)

 

◆内容  特許出願をした以上、特許を取得したいのは当然です。本セミナーでは、特許取得のコツを披露します。  当初明細書・クレームの作成、拒絶理由通知の応答方法など、具体例を挙げながら理解しやすいように解説します。

 

http://www.kjpaa.jp/ipsa/seminarinfo/patentseminar#koube セミナーの申込みフォーム

・日時

2016年2月25日(木)14:00~17:00(受付は13:30から開始します)

 

・場所

ハービスENT 貸会議室 9階 1+2+3号室(大阪市北区梅田2-2-22 オフィスタワー9階)

 

・参加対象

IoTやビッグデータ等の「新たなIT」を活用したビジネスに興味のある方

 

・プログラム((一財)関西情報センターHPへ)もご覧ください)

-情勢説明(14:00~14:35)
 今、新たなITが世界を変える ~IoTやビッグデータから生まれるビジネス革命~
経済産業省近畿経済産業局 地域経済部 情報政策課長 石原 康行 氏

 

-講演(14:35~15:10)
 知的財産戦略を駆使する者は次代のIoTを制する ~新たなIT分野の効果的な知財処理マニュアル~(仮)
インテリクス特許法律事務所 弁理士 上羽 秀敏

 

-事例発表(15:10~16:30)
 新ITを操る先駆者達
メンター(ファシリテーター):大阪大学 産学連携本部 教授 正城 敏博 氏
(1)マゼランシステムズジャパン株式会社
(2)akippa株式会社
(3)株式会社Warrantee

 

-メンターからの総括 ポスターと実物による個別意見交換/名刺交換(16:30~17:00)

 

出典:近畿経済産業局ウェブサイト(http://www.kansai.meti.go.jp/2-7it/events/IT_forum20160225.html)から一部抜粋・加工して作成

日時

2015年12月2日(水)14:00~17:00(受付は13:30から開始します)

 

場所

常翔学園大阪センター 302号室(大阪市北区梅田3-4-5 毎日インテシオ3階)

 

効果的な知的財産(特許、意匠、商標)の保護・活用について学びたい方(知的財産権に関して初心者の方大歓迎です)

 

・講演

「IoTビジネスにおいて注意するべき知財トラブル」
 講師:インテリクス特許法律事務所 弁理士 上羽 秀敏

[講演内容]
 IoTビジネスを展開する上で想定される知財トラブルについて、トラブルが起きた時の対処法と、トラブルを未然に防ぐための対応策を解説します。

 

・グループワーク(シミュレーション)

「失敗事例から知財トラブルを未然に防ぐ方法を学ぶ」

 IoT製品を開発した中小企業が事業展開を進めていく中で起こった知財トラブルについて、仮想事例シナリオ(ミニコミック)に沿って、事業の進捗段階・フェーズごとに「何をしておくべきだったか」「今後、自社で実践できそうなこと」などを、コーディネータの指導のもとに、グループに分かれて話し合います。

 コーディネータ:インテリクス特許法律事務所 弁理士 上羽 秀敏
         りのわ国際特許事務所 弁理士 多田 裕司 氏

 

詳細はこちらを参照ください。 出典:近畿経済産業局ウェブサイト (http://www.kansai.meti.go.jp/2-7it/events/patent_ws2015_2.html)から一部抜粋・加工して作成

 知的財産高等裁判所 平成26年4月16日判決

平成25年(行ケ)第10207号 審決取消請求事件

 

抄 録 

 

 本判決は、引用発明の構成を変更することについては、引用発明が本来奏する作用効果が 失われるものであって、 その必要性が認められないから、引用発明における構成上の変更は、 解決課題の存在等の動機付けなしには容易に想到することができない旨判示した。 引用発明の構成の変更が その作用効果を失わせる場合、本願発明に対して阻害要因となり得るものが引用発明の中にあるとして、 本願発明の進歩性を容認すべき有力な根拠になると思われる。

 

 全文はこちらから 出典 「知財管理 Vol.65 №6 2015 PP.811~820」

このセミナーは終了しました。 多数ご参加いただき、ありがとうございました。 

弊所の代表パートナー弁理士上羽秀敏は、一般社団法人 組込みシステム技術協会主催の 『Embedded Technology West 2014 / 組込み総合技術展』において開催される 知財セミナーで講師を務めます。是非ご参加ください。

詳細はこちら

 

■演題:

 今日からはじめる!経営戦略としての知財


■開催日時:

 7月29日(水) 14:00-16:30


■会場:

 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター 【ルーム5】
 〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪内 地図


■内容:

   資源が限られているなか何を特許化するのか、
 共同開発で留意すべきポイント、他社の特許を侵害しないための方法など、
 企業の経営戦略として自社の組込み技術・ノウハウをどう守っていくのか、
 具体的な事例とともに紹介する。 


■参加費用:

 無料


■エントリの方法:

 展示会来場事前登録の上 カンファレンス聴講をお申し込みください。


■チラシのご紹介:

 こちら
弁理士になるには
書式ダウンロード

インテリクスは、Intellectual Property
(知的財産)とExperts(専門家)を
融合した造語です。

このページの先頭に戻る