インテリクス国際特許事務所トップページ > 所員紹介 > アソシエイト弁理士 > 弁理士 小宮山 聰

所員紹介

アソシエイト弁理士 小宮山 聰 (こみやま さとし)

弁理士 小宮山 聰

私は、大学時代はX線や放射光による結晶構造の研究をしておりました。
企業では半導体関連製品の開発に携わっておりました。
大学や企業での経験を通じて、世の中に商品として出ている物が、如何に多くの困難を乗り越えて開発されたものであるのかを知ることができました。
皆様の貴重な財産をお守りするために、常に研鑽を行って、最良のサービスを提供できるよう努めていく所存です。

資格・会員・役職等

日本弁理士会 会員 登録番号17428(2011年弁理士登録、2015年特定侵害訴訟代理業務に関する付記登録)
関西特許研究会 会員
日本知財学会 会員
明細書研究会 会員
日本ライセンス協会 会員
第3種電気主任技術者
英検1級

経歴

2001年 東北大学理学部物理学科卒業
2003年 東北大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了
2005年-2010年 東海カーボン株式会社勤務
2010年 インテリクス国際特許事務所入所

主な公職

2014年 関西特許研究会 親睦部会幹事
2016年 日本弁理士会近畿支部 知財普及・支援委員会
2016年- 日本知財学会 デザイン・ブランド・マーケティング分科会幹事
2016年- 立命館大学 グローバルMOT研究センター 客員研究員
2017年- 日本ライセンス協会 判例研究ワーキンググループ(関西)リーダ

主な著書・論文

「発明の同一性についての考察」 パテント(2016年5月発行)
「特許法第126条第6項の意義」 パテント(2017年2月発行)

専門分野

高温装置、半導体装置、結晶、有機材料、無機材料、液晶ディスプレイ

弁理士になるには
書式ダウンロード

インテリクスは、Intellectual Property
(知的財産)とExperts(専門家)を
融合した造語です。

このページの先頭に戻る