インテリクス国際特許事務所トップページ > 所員紹介 > アソシエイト弁理士 > 弁理士 山内 哲文

所員紹介

アソシエイト弁理士 山内 哲文 (やまうち てつふみ)

弁理士 山内 哲文

私は、大学で物理学を学び、大学院では隕石の磁性を研究していましたが、遠い宇宙から来た石より、実験に使う現実の機器やソフトウエアに魅力を感じたので、修士課程修了後、ソフトウエア開発会社に就職して約3年半ソフトウエア開発に携わりました。
やがて、世の技術の進歩や産業の発達に寄与する特許制度に感慨を覚え、2002年特許事務所に入所して以来、主に、電子デバイス、通信、ソフトウエアの分野において、内外国での権利化に尽力して参りました。
これまでの特許実務を通して思うのは、出願時の特許明細書がいかに重要であるかということです。特に、形のないソフトウエア関連発明の場合は、文章でどのように発明を説明するかによって、特許になりやすさや、特許でカバーできる範囲が、大きく異なってきます。
そのため、私は、常に、発明の本質をよく認識して、その発明が持つ技術的価値が生きるような明細書を書くことをモットーとしています。
よい明細書がなければ、いくらよき発明がそこにあっても、その発明を知財として活かすことは難しいのではないかと思います。

資格・会員・役職等

日本弁理士会 会員 登録番号13250(2004年弁理士登録、2006年特定侵害訴訟代理業務に関する付記登録)
ソフトウエア開発技術者
関西特許研究会 会員

経歴

1999年 信州大学大学院理学研究課物理学専攻
1999-2002年 ソフトウエア興行株式会社勤務
2002-2003年 板東特許事務所勤務
2004-2013年 特許業務法人池内・佐藤アンドパートナーズ勤務
2013年 インテリクス国際特許事務所入所

主な公職

2005年 関西特許研究会 親睦部会幹事
2008年 日本弁理士会近畿支部 広報IT委員会(2011-2012年:委員長)
2011年 日本弁理士会 ソフトウエア委員会
2012年 日本弁理士会 情報企画委員会
2013年 日本弁理士会近畿支部 幹事

主な講演

2011年、2012年 日本弁理士会会員研修「コンピュータ関連発明の実務上の留意点」

主な著書

「特許制度の現状と弁理士の役割」化学経済2010年12月号

専門分野

Web解析技術、データセンタ、回路解析シミュレーション、通信・ネットワーク、ビジネスモデル特許、 音声認識、画像処理、MPEG、医療用検査装置、液晶ディスプレイ、弾性波デバイス、カーナビ、 OCT(光コヒーレンストモグラフィー)、3次元計測装置、メカトロニクス、ベアリング、構造部材、車両制御

主な海外研修

2007年 University of Washington, CASRIP Summer Institute (U.S.)
2008年 Vossius & Partner, Training Course on European and German Patent Law (Germany)

弁理士になるには
書式ダウンロード

インテリクスは、Intellectual Property
(知的財産)とExperts(専門家)を
融合した造語です。

このページの先頭に戻る